ベランダ・バルコニーの外構工事を行う際の基礎知識

ベランダ・バルコニーの外構工事を行う際の基礎知識

洗濯物を干したりガーデニングのスペースとして使用したりと日常的に良く使うベランダやバルコニー。

使用頻度が高い上、雨風に常にさらされているため劣化しやすく、定期的な補修もしくはリフォームが必要です。

ここではこうしたベランダ・バルコニーのリフォームをする上で知っておきたい事を紹介していきます。

ベランダとバルコニーの違い

ベランダとバルコニーの違い
出典:http://kitajima-jyuutaku.com/

日本ではベランダとバルコニーは同義として使われる事も少なくないですが、実は二者には明確な違いがあります。

ベランダ

ベランダ
出典:http://www.exalive.co.jp/

室外に張り出した屋根付きのスペースのことを指します。人が歩行でき、かつ室内からの出入り口と手すりがあります。

バルコニー

バルコニー
出典:http://www.enlarge.tokyo/

同じく人が歩行できる室外の縁ですが、ベランダと違い屋根が無いものを指します。下の階の屋根部分に造られたものがほとんどで、洗濯物等の家事スペースとして使われます。

ベランダ・バルコニーのリフォーム工事の種類・費用

一口にリフォームといっても、その工事の種類は多くのものがあります。いくつかご紹介しましょう。

防水工事

防水工事
出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

新築でも数年程でベランダの床がひび割れてきてしまう事があります。これは防水のための塗装が剥がれてしまうためです。この劣化を放っておいてしまうと水漏れ等につながりますので、定期的に補修をしましょう。

ウレタン防水やFRP防水、塩化ビニールシート防水などがあり、だいたい1平米あたり5000円〜8000円程かかります。一般的なベランダ・バルコニーですと約10万円といったところでしょうか。

屋根の取り付け工事

屋根の取り付け工事
出典:http://blog.livedoor.jp/

前述の通りバルコニーにはもともと屋根が付いておらず、雨の日は洗濯物を干せない等シーンによってできることが限られてしまいます。そのため、リフォームで屋根を取り付ける方が多くいらっしゃいます。

部屋に入る日射も抑える事ができるので、室内も快適になります。アルミ製やポリカーボネートなど屋根の素材によって値段は変わってきますが、相場は10万円〜20万円程度です。

タイルの敷き詰め工事

タイルの敷き詰め工事
出典:http://somaneeyan.blog27.fc2.com/

コンクリート打ちっぱなしの床ですと少し寒々しい雰囲気ですが、タイルを敷き詰める事で暖かみを持たせる事ができます。

比較的施工が簡単で、工事による効果大きいのでおすすめのリフォームです。1平米あたり1万円〜2万円程度で、全部で20万円前後かかるのが普通です。

ベランダ・バルコニーの全交換

ベランダ・バルコニーの全交換
http://ooyamagarasu.blog.jp/

老朽化したベランダやバルコニーはそのまま使用すると大変危険ですので、全交換をおすすめします。取り付け方法は屋根置き式と柱建て式があり、前者は既存の屋根に乗せる形で取り付けるタイプ、後者は地上に柱を建てて支えるタイプです。

工事費用の相場は40万円前後といったところでしょうか。

サンルームの設置

サンルームの設置
出典:http://www.gaiso-k.com/

普通サンルームは庭などの地上の屋外に増築する物ですが、ベランダ・バルコニーを利用するケースもあります。

日光は十分に確保でき、雨や花粉、PM2.5などを気にせず洗濯物を干せるため便利です。ガーデニングやくつろぎスペースとしても使う事ができるでしょう。

費用は40万円程度かかるようです。

ベランダ・バルコニーを取り付ける際のポイント

ベランダ・バルコニーを取り付ける際のポイント
http://www.okajyu.co.jp/

新築やリフォームでベランダやバルコニーを取り付ける際、いくつか気を付けておくべきポイントがあります。一度取り付けてしまうと取り返しはなかなかきかないので、じっくりと考えてから行いましょう。

取り付ける方角

取り付ける方角

主に洗濯物を干すスペースとして使おうと考えている方は、特に方角に気をつける必要があります。北向きや北西向きの窓に設置してしまうと、日差しがなかなか入ってこず洗濯物が乾きにくいため、南向きや南東向きにすべきでしょう。

屋根のサイズ

屋根のサイズ

せっかく雨よけとして屋根を取り付けても、大きさが足りず雨が吹き込むようでは意味がありません。物干竿は軒先から50cmほど離す必要があるので、物干金具等との兼ね合いも考えてから屋根サイズを検討しましょう。

防水・排水

防水・排水

これがきちんと成されていないと、大雨の際等は雨水が溜まってしまったり、下の階に漏水してしまったりします。防水加工はしっかりされているか、床の勾配は確保されているか等を施工業者に確認しておきましょう。

デザイン

デザイン

ベランダやバルコニーは外からよく見える位置にありますので、外壁や屋根とデザインを合わせないと浮いて見えてしまうことがあります。色はサッシの色などに合わせるとよいでしょう。

業者選び

業者選び

最も重要なポイントといえます。屋根そのものに関しては大手の物を使用すればほとんど問題はありませんが、取り付けを行う業者によっては手抜き工事を行う所だったり、そもそも施工技術が低かったりしますと経年によって様々な障害が出てくる可能性があります。

施工実績を調べたり、直接電話などで問い合わせるなどして業者の善し悪しを計りましょう。複数業者を比較するのも有効です。

ベランダ・バルコニーの外構工事のまとめ

ここまでベランダ・バルコニーの取り付け・リフォームの際に必要な知識を少しだけご紹介いたしました。まとめますと、

・ベランダとバルコニーの違いは屋根の有無
・数年で劣化する部位もあるので定期的な補修・リフォームも必要
・工事前に屋根サイズや方角を検討する、業者選びもしっかりと

といったところでしょうか。

ベランダ・バルコニーには家事スペースやガーデニング、家族の憩いの場として等多様な用途があります。できるだけ満足のいく物を設置し快適な屋外ライフを築きましょう。

  • \最大5万円分のキャッシュバック/
  • エクステリア・外構工事の見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの3つ!
自信を持って紹介できる優良
工事店最大6社がお見積りします!

初めての工事で不安な方、工事の価格が適正なのか心配な方、工事業者選びに困っている方はエクステリアコネクトにお任せください。