サンルーム・ガーデンルームの外構工事を行う際の基礎知識

サンルーム・ガーデンルームの外構工事を行う際の基礎知識

リビングに太陽の光を取り込みたい、室内で洗濯物を干したい、ペットの遊び場としてのスペースが欲しい、といった方におすすめなのがサンルーム・ガーデンルームです。

リビングルームに隣接する形で設置するケースが多く、リフォームの際に増築する方が増えてきています。

ここではサンルーム・ガーデンルームを造る前に確認しておくべき事や基礎知識などを紹介いたします。

そもそもサンルーム・ガーデンルームとは?

そもそもサンルーム・ガーデンルームとは?
出典:http://aigarden.blog.jp/

サンルームもガーデンルームも庭に隣接する窓に増築することで、室内にいながら太陽光を取り入れることのできる空間です。ほとんど同じ役割を果たすため、実際のところは明確には区別されていません。

サンルーム

サンルーム
出典:http://nikkou.jp.net/

壁や天井がガラス張りの窓になっている部屋の事で、太陽光を多く取り入れる事ができます。
欧米等では住宅を建てる段階からプランニングし、建物の一部として設計する場合が多いですが、日本においては後から増築という形でリフォームするケースが良く見られます。

家族のくつろぎの空間やガーデニングのスペース、物干し竿を設置して洗濯物を干す等、その用途は様々です。

ガーデンルーム

ガーデンルーム
出典:http://alumi.st-grp.co.jp/

サンルームの中でも、気候や季節に応じて折戸パネルを開閉する事が可能なタイプを、ガーデンルームと呼ぶことが多いようです。パネルを閉じればサンルームとして使え、解放すればテラスとして自由な空間を演出することができます。

サンルームのメリット・デメリット

サンルームのメリット・デメリット
出典:http://www.clovergarden.biz/

窓や折戸を開放できないサンルームには、枠が固定されているがゆえのメリットとデメリットがあります。(開閉できるタイプをサンルームと呼ぶ場合もあります)

メリット
まずはなんといっても日当りの良さでしょう。全面のガラス窓から日光が降り注ぎ、開放的な空間が生まれます。ひなたぼっこやくつろぎスペースとして最適です。

さらに、雨の日も家事が可能です。サンルームは温度が上がりやすく、雨の日でも洗濯物が良く乾きます。また、高い気温を好む植物等も育てる事ができるでしょう。

サンルーム内は冬でも日光が降り注ぎ暖かいです。また、部屋を増築するということで内側のリビングルームの暖房効率も上がり、暖まりやすくなるでしょう。結果的に光熱費の節約になります。

デメリット
いい事ばかりではありません。全面ガラス張りなので夏はとても暑いです。サンルームの方角にもよりますが、夏の日光対策は考えておくべきでしょう。

さらに、南向きではない場合は冬場はかなり寒いです。簡易的な囲いテラス等ですと隙間風も吹き込み、寒さに拍車がかかります。

そして、定期的な手入れも必要です。やはり窓ガラスは汚れが目立ちやすく、放っておくとすぐにほこりやゴミが付着しみすぼらしくなってしまいます。天井のガラスもたまには掃除するべきでしょう。

ガーデンルームのメリット・デメリット

ガーデンルームのメリット・デメリット
出典:http://greenfarm-haji.biz/

サンルームと似たような構造ですが、折戸パネルがあることによってのメリット・デメリットがあります。

メリット
機能としてはサンルームとほとんど同じですが、折戸パネルが全開閉可能なので、晴れの日はテラス・雨の日はリビング等として活用できます。天候によって使い分けることができるのはガーデンルームの大きなメリットです。
また、サンルームと違い室内温度が季節に左右されにくいです。

デメリット
サンルームに比べると費用が高いです。どのような用途で使うかをリフォーム前に考え、適切な方を選ぶべきです。
また、サンルームと同じく閉め切ってしまうと夏場は暑いです。ある程度開けっ放しにして熱を逃がす必要があり、その際は虫等が入ってこないように網戸があると良いでしょう。

サンルーム・ガーデンルームの設置にかかる費用

サンルーム・ガーデンルームの設置にかかる費用

一般的な部屋の増築に比べ工事が簡単なため、費用も安く工期も短いです。相場としては50万円前後でしょうか。
大きさやメーカー・デザインの違い、オプションの機能を付けたりすることで価格は変動しますので、見積もりを良く見ることが大切です。

価格が適正かどうか不安な時は、複数業者の相見積もりを比較してから検討すると良いでしょう。

造る際のポイント

造る際のポイント
出典:http://www.yutei-furyu.co.jp/

まずは主に何を目的として造るかを考えましょう。それによってサンルームとガーデンルームのどちらにするか、大きさはどれくらいかが決まってきます。大きさは敷地の広さにもよりますが、例えば家族の憩いの場として使う予定ならばある程度の家具を置くスペースは必要になってきます。

続いてデザインですが、住宅との調和を取れるようなものにするべきでしょう。周りの景観とそぐわないデザインにすると浮いて見えてしまいます。主観的に考えすぎず、他の人の意見も聴いてみましょう。施工業者にパース図を見せてもらうことができれば直感的に完成後の見た目が分かります。

業者選びも注意が必要です。悪徳業者に任せてしまう事がないよう、ネット上の口コミや施工実績などを事前に調べ、できれば複数の業者の見積もりを比較しましょう。

サンルーム・ガーデンルームの外構工事のまとめ

こまでサンルーム・ガーデンルームを増築しようとしている方向けに基本的な知識を紹介してきました。大切な事は、
・パネルの開閉の有無など、建て方の違いを理解し、用途に合ったものを選ぶ。
・設置後の手入れや温度・湿度管理も考慮する。
・金銭のトラブル等が無いよう業者選びはしっかりと。
といったところでしょうか。

外構工事は一度造ってしまうと取り返しはなかなかきかないので、ショールームに行き商品を見るなどして慎重に決めましょう。施工業者に施工例を見せてもらうのも一つの手です。

  • \最大5万円分のキャッシュバック/
  • エクステリア・外構工事の見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの3つ!
自信を持って紹介できる優良
工事店最大6社がお見積りします!

初めての工事で不安な方、工事の価格が適正なのか心配な方、工事業者選びに困っている方はエクステリアコネクトにお任せください。