技術力が問われる!インターロッキング

キャッチタイトル

インターロッキングとは、インターロッキングブロックが略された言葉です。「インターロッキング」とは「かみ合わせる」という意味で、コンクリートやセメントを使うことなく、ブロックを互いにかみ合うような形状にして舗装します。

かみ合うことで互いに荷重を伝え合うので通常のコンクリート舗装にはない柔軟性があるとされています。

1950年代に西ドイツで生まれたインターロッキングブロックの技術は、1970年代に日本にも導入され、現在は一般道やショッピングモールなどに利用されています。

インターロッキング

インターロッキング
出典:http://www.azumi-garden.jp/

前述したように1970年代に日本に導入されたインターロッキングの技術は、当初は車道のみで使用されていましたが改良が重ねられ、現在では強度や耐摩耗性に加え、滑り抵抗性や耐久性、経済性にも優れていることから、現在では舗道や広場、公園やショッピングモール、遊歩道などさまざまな場面で見られるようになりました。

また、形状や色を用途に合わせてデザインが可能となったことから、近年では駐車場やアプローチといった、一般家庭でも見られるようになりました。

インターロッキングのメリット・デメリット

インターロッキングのメリット・デメリット
出典:http://g-ring5.blog.so-net.ne.jp/

インターロッキングは、コンクリートやセメントを使うことなく、一つ一つブロックをかみ合わせて並べなくてはならないので、すべて職人の手作業になります。そのため、コンクリートの舗装よりも割高になってしまいます。

ブロックを張るためには、下地作りが何よりも重要とされており、インターロッキング施工においての要とも言えます。インターロッキングでのブロックは完全に固定されていないので下地作りを怠ってしまうと、すぐに動いてしまいます。

よく、街なかで凸凹になったインターロッキングブロックを見かけると思いますが、あれは転圧を行わなかったなど、しっかり下地を造らなかったことが一因としてあります。
また、インターロッキングブロックの施工を完璧に仕上げることができる職人は多くありません。

難しいインターロッキングブロックの施工ですが、デメリットばかりではありません。レンガのように見えるインターロッキングブロックですが、レンガ舗装とは異なり、ブロック同士のかみ合いによって荷重を互いに伝えるので、レンガやコンクリート舗装にはない柔軟性があるとされています。

最近では色落ちしないブロックも登場してきているので、見栄えのある外構に仕上げることができます。

インターロッキングにかかる費用

インターロッキングにかかる費用
出典:http://www.kimurasangyo.jp/

施工業者でばらつきはありますが、歩行用であれば、1㎡当たり¥7,000~¥9,000、駐車場(重量2t程度)用であれば1㎡当たり¥10,000~¥12,000当たりが相場といえます。

「1㎡の費用×広さ」以外に雨水溝や枡の工事などもありますので、若干多めにかかると見ておいた方がいいでしょう。他のエクステリア施工とは違いおおよその目安がつきにくい施工です。

ある程度自分で下調べをし、業者に依頼する場合は、いくつかの業者で相見積もりをするようにしましょう。

D.I.Yは可能か

D.I.Yは可能か
出典:http://www.hbh-nasu.com/

インターロッキングは、他のエクステリアと比べ大掛かりな作業となります。広い面積を施工する場合には、業者に依頼した方がいいでしょう。どうしても自分でやりたいという場合には、以下のことを留意して作業を行いましょう。

何よりも下地が大事

何よりも下地が大事
出典:http://www.yamaso.net/

インターロッキングでは、コンクリートを一切使用しないので、土台となる下地(地盤)がしっかりしていないと、後になって表面が凸凹になってきてしまいます。しっかりと地盤・砂利面を転圧して締め固めるようにしましょう。

水たまり防止のために傾斜をつける

玄関アプローチ
出典:http://smilehousekm.blog117.fc2.com/

透水性があり、地盤をしっかり固めていても雨水の浸透は地盤の動きによって凸凹した状態を作り出してしまいます。地盤が下がっても水たまりができない程度に地面に傾斜をつけるようにしましょう。

端を固定する材料が必要

塀囲い
出典:http://blog.livedoor.jp/

コンクリートやモルタルで固定していない分、経年変化によってインターロッキングにずれが生じてきてしまいますので、縁石などインターロッキングを固定するものが必要となります。

最初は砂がどうしても流出してしまいます

最初は砂がどうしても流出してしまいます
出典:http://www.e-028.co.jp/

インターロッキングは、材料一つ一つの間に粒子の細かい砂をほうきで流し込むことで材料同士のぐらつきをなくし、砂によって材料同士を固定させていますが、最初の1~2年は雨によって内部の砂が流出してしまいます。その間は砂の補充が必要となります。

色や形のバリエーションも豊富に

色や形のバリエーションも豊富に
出典:http://081128.jp/

これまでの一般的なインターロッキングブロックは長方形でしたが、現在はさまざまな形が登場しています。色もグレーやブラウン、クリームなど豊富にありますので、希望する模様やご自宅の外観に合わせた形や色を選ぶようにしましょう。

注意すべきポイント

注意すべきポイント

何度も記述しているように他のエクステリア材とは違い、インターロッキングは施工業者にとっても難しい施工となります。

施工業者選びをしっかり行わないと、経年変化によって下地が沈んでくるといった理由で表面が凸凹になってくる場合があります。

どのエクステリアでも言えることですが、インターロッキングを理解しないまま業者に依頼すると、手抜き工事が行われたり、高額費用を請求されるおそれがあります。
業者に依頼する場合は職人の腕の良さだけではなく、しっかりとした業者かを確認するようにしましょう。

下地づくりは自分で行う際も重要です。他のエクステリアとは違いコンクリートやモルタルを使用しないので、しつこいぐらいに下地づくり(地盤固め)を行うようにしましょう。

インターロッキングについてのまとめ

ご自身で検索して分かると思いますが、インターロッキングを全面に出している施工業者は、まだまだ多くありません。それだけ技術を要するエクステリアと言えます。

そんなインターロッキングですから、自分の手で作り上げると他のD.I.Y以上に達成感が感じられると思います。しかし、あまり広い場所の施工は大掛かりなものとなり、デザインが崩れてしまうことも考えられるので、業者に依頼するようにしましょう。

  • \最大5万円分のキャッシュバック/
  • エクステリア・外構工事の見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの3つ!
自信を持って紹介できる優良
工事店最大6社がお見積りします!

初めての工事で不安な方、工事の価格が適正なのか心配な方、工事業者選びに困っている方はエクステリアコネクトにお任せください。