ガレージ・カーポートの外構工事を行う際の基礎知識

ガレージ・カーポートの外構工事を行う際の基礎知識

駐車スペース用のエクステリアの選択肢は、ガレージやカーポートがあります。
デザインだけでなく安全であるかどうかや使い勝手の良さも重要なファクターであり、プランニングに当たってはこれらを十分に考える必要があるでしょう。

本項では、新たにガレージやカーポートを設置する上で知っておくべき基本事項を紹介していきます。

駐車場・ガレージ・カーポートの違い

住宅の敷地における、車を置くスペースの総称が駐車場です。
ガレージやカーポートは駐車場の一つの種類であるという訳です。
では、その二つにはどういう違いがあるのでしょうか。

ガレージ

ガレージ
出典:http://www.takeuchi-aoi.co.jp/

屋根がある駐車場のことを指します。車庫と表記されている場合は柱梁、壁、天井で構成されており、れっきとした建物です。

戸建てにおいては1,2台程度の少数の車を置くスペースであり、門や扉が設置されている時もあります。

カーポート

カーポート
出典:http://kaneya-web.com/

これも屋根付きの駐車場の事ですが、ガレージと違って屋根と柱のみで構成されたものになっています。壁は無く、主に雨や雪、日光から車を守るものです。

要は、ガレージのうち屋根のみの簡易的なものがカーポートということになります。

ガレージの門扉にはいくつか種類がある!

一口にガレージと言っても、用途等に合わせていくつか種類が用意されています。
中でもガレージの顔ともいえる門扉部分は様々なバリエーションがあります。以下に例を挙げていきます。

折戸タイプ

折戸タイプ
出典:http://www.niwakobo.jp/

ガレージの入り口と住宅の入り口が兼用の場合はこのタイプを選ぶ方が多いです。扉は3枚や4枚程で構成され、それぞれ折り畳む事で収納ができます。

一番オーソドックスな扉でしょう。

シャッタータイプ

シャッタータイプ
出典:http://grace-up.com/

巻き上げて上部のボックスに収納できる門扉です。リモコン等の遠隔操作により巻くものもあり、車庫入れの際は楽ですが価格は高めです。

アコーディオンタイプ

アコーディオンタイプ
出典:http://www.ex-nagomi.com/

門扉を横に折り畳むことで収納できるタイプです。間口の制約に合わせて柔軟な設置が可能で、価格も比較的安いものが多いです。

引き戸タイプ

引き戸タイプ
出典:http://www.ex-nagomi.com/

アコーディオンタイプと違い折り畳むことはできませんが、横にスライドして収納します。車庫入れが楽なため収納スペースを十分に取る事ができるのであればおすすめです。

跳ね上げタイプ

跳ね上げタイプ
出典:http://sizenyoku.cocolog-nifty.com/

横方向に収納スペースを取る事ができない場合にはこのタイプが良いでしょう。扉を上に跳ね上げて収納します。高さは3m程に達する為、上部には空間がある程度必要です。

ガレージに欲しいおすすめの機能

安全性や車の手入れのし易さを上げる為に、あると便利なガレージの付属機能をご紹介します。

コンセント、水栓

コンセント、水栓
出典:http://blog.livedoor.jp/

洗車やガレージそのものの掃除をする際に必要です。他にも工具や車の部品用の収納スペースもあるとよいでしょう。水栓を設置する場合は排水の事も考える必要があります。

照明、植栽等

照明、植栽等
出典:http://www.brave-co.jp/

ガレージの景観を良くする事も大切です。照明があれば、夜間の駐車も安心して行うことができます。

防犯対策

防犯対策
出典:http://tanpopononiwa.com/

大切な資産である車を守る為にも、防犯設備はしっかりと揃えましょう。ゲートを設置する、音や光で威嚇するなどが有効です。

カーポートの種類

カーポートの種類
出典:http://wakaba-shop-gardening.net/

では、カーポートにはどのような種類があるのでしょうか。
前述の通り、基本的にはカーポートは柱と天井だけで構成され壁はありません。
そして、天井をどのように支持するかによって種類を分ける事ができます。

片側支持タイプ

コンセント、水栓
出典:http://www.exalive.co.jp/

柱が片側にしかないタイプで、駐車スペースを広く取る事ができ車を停めやすいです。

両側支持タイプ

両側支持タイプ
出典:http://nishinihon-home-tec.net/

両側に柱があり、安定感があります。天井が比較的大きな荷重に耐えられるので、風が強かったり、雪が良く降るような地域にはおすすめです。

また、屋根の素材も種類があるのでご紹介します。

ポリカーボネート

ポリカーボネート
出典:http://www.zen-juken.co.jp/

強度が高く、粘り強い素材です。紫外線をカットする熱線吸収機能を持つものもあり、日光から車を守る事ができます。さらに防火性能もあり、色のバリエーションも豊富です。

金属板

ポリカーボネート
出典:http://sekine-ss.co.jp/

豪雪地帯等で強度をしっかりと確保したいときは、スチール板等の頑丈なものがおすすめです。他に、錆びにくく軽い素材であるアルミを使用したものもあります。

波板

ポリカーボネート
出典:http://soya.co.jp/

塩化ビニール等で作られた波状の板です。ポリカーボネートや金属板に比べると安価で購入できるので、とりあえず屋根をつけたいという場合には良いでしょう。ただ耐久性は劣りますし、日光もそれほど防げません。

カーポートの設置費用はどれくらいかかる?

カーポートの設置費用はどれくらいかかる?

費用は駐車台数、広さ、天井支持のタイプ、屋根材によって変わってきます。 相場としては50万円〜100万円程度が一般的であるでしょう。

カーポートの取り扱いがあるホームセンターでは価格に工事費が含まれている事もあり、この場合は少し割り引かれています。なるべく安く済ませる為には複数業者の見積もりを比較することをおすすめします。

ガレージ・カーポートの外構工事のまとめ

どのようなガレージやカーポートにするかは、置く予定の車の台数や大きさ、車高に大きく依ってきます。将来的なビジョンも考慮して、ご家族のプランに合ったものを選びましょう。
地域の気候によっても支持方法や屋根材が変わってきます。厳しい気候条件ならばそれなりの強度が必要なため、注意が必要です。

また、パーキングやカースペースと違い、屋根があるガレージやカーポートを設置する際には建ぺい率などの法的な規制を受けます。さらに、建築確認が未申請のまま施工をすると建築基準法違反となる場合もあるので、リフォーム業者とよく話しておくべきです。

そして、住宅とのデザインバランスも重要です。駐車スペースは住宅のファサードとなる位置にあることがほとんどです。自宅や周りの町並みなどと調和するようなデザインにしましょう。

  • \最大5万円分のキャッシュバック/
  • エクステリア・外構工事の見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの3つ!
自信を持って紹介できる優良
工事店最大6社がお見積りします!

初めての工事で不安な方、工事の価格が適正なのか心配な方、工事業者選びに困っている方はエクステリアコネクトにお任せください。