いいとこ取りのセミオープン外構・セミクローズ外構!

いいとこ取りのセミオープン外構!

外構のスタイルは「オープン外構」「セミオープン外構」「クローズ外構」の3タイプに大別されます。セミオープン外構は、セミクローズ外構とも呼ばれ、オープン外構の良さとクローズ外構の良さを併せ持つ、まさにいいとこ取りの外構スタイル。

我が国で最も多く採用されているのがこのセミオープン外構です。では、セミオープン外構の外構にはどんな利点があり、注意すべきポイントは何かなどを順に解説します。

 

セミオープン外構の定義

セミオープン外構の定義
出典:http://www.atlas-home.co.jp/

オープン外構のように完全に開かれた外構ではなく、クローズ外構のように完全に閉じた外構でもないデザインです。例えば、塀やフェンスは設けるものの、比較的低めに抑えたり、部分的に設置したりするなどして、解放感あるデザインを重視。

あるいはカーポートは開放的に、門周りはクローズにするなど、オープンなエリアとクローズなエリアを分ける考え方もあります。プライバシーやセキュリティは高めつつ、解放感も取り入れるという設計思想です。

 

 

セミオープン外構のメリット

セミオープン外構のメリット
出典:http://asunaro-fujieda.com/

セミオープン外構は、オープン外構の良さと、クローズドスタイルの良さを同時に持っているのが魅力です。具体的に見て行きましょう。

程よい解放感がある

程よい解放感がある

完全に閉じるのではないので、ある程度の解放感があり、近隣や地域住民との自然な交流も広がります。ガーデニングをしていると、自然に声を掛けられ、お友達の輪が広がって行くのも、程よい解放感があればこそ。地域の一員として自然に溶け込むことができる外構です。

プライバシーやセキュリティが守られる

プライバシーやセキュリティが守られる

必要な部分に限定してフェンスや門扉などでガードすることで、プライバシーや防犯性能を高めることができます。オープン外構では住宅だけで防犯やプラバシーを守りますが、外構でガードする事で二重の自衛が可能になります。

デザイン性が楽しめる

デザイン性が楽しめる

フェンスも塀も作らないオープン外構と違い、フェンスや塀で住まいを素敵に演出できます。飽きたら新しいデザインを取り入れながら、外構自体を楽しむことができます。部分的な工事で済むのでコストがかさまないのも魅力です。

 

 

セミオープン外構の留意点

セミオープン外構の留意点

オープン外構の良さも、クローズドスタイルの良さも持っているのがセミオープン外構ですが、一歩間違えると、両方の悪い点を併せ持つ外構になる危険性もあります。まずは、その危険性を理解しておきましょう。

中途半端になりがち

中途半端になりがち

解放感はオープン外構には及ばず、プライバシーやセキュリティではクローズ外構にはやはり及びません。いいとこ取りのつもりが、解放感がなく、プライバシーやセキュリティも中途半端な機能しか持たない外構になりかねません。

設計段階から、施工会社などと充分に話し合う事が大切です。

費用も中間程度

費用も中間程度

フェンスも門も作らないオープン外構に対し、セミオープン外構は若干外構費用がアップします。重装備のクローズ外構ほどではないものの、ある程度のコストを見込んでおく必要があります。

 

 

こんな方にお奨め

こんな方にお奨め
出典:http://www.kmt-e.com/

何事も極端を嫌う日本では、セミオープン外構はとても人気のある外構です。それは、近隣と上手に調和を保ちながら、家族の安全やプライバシーも守りたいという知恵を備えているためとも言われています。次のような方は、セミオープン外構がお奨めです。

安全は確保しつつも解放感は欲しいという方

安全は確保しつつも解放感は欲しいという方

プライバシーや防犯の観点から、塀やフェンス、門扉などでしっかり自衛したい。同時に、隣近所や地域の人々との交流も大切にしたいという方にお奨めです。重厚すぎる壁や塀は下手をすると近隣との交流の「障壁」になる事もあります。家族の安全は守りつつ、ふれあいや交流も大切にしたいという方にピッタリなスタイルです。

街並みに違和感なく調和したいという方

街並みに違和感なく調和したいという方

オープン外構は洋風の街並みに調和し、クローズ外構は都市部や和風の街並みに調和します。街区が統一されたデザインでない限り、様々な様式の住宅が混在した街並みになるため、どんな街並みにも調和するセミオープン外構なら、違和感なく溶け込むことができます。

オープンの良さもクローズも良さも取り入れたいという方

オープンの良さもクローズも良さも取り入れたいという方

セミオープン外構は、オープン外構の良さと、クローズ外構の良さを併せ持っています。どうせ暮らすなら、両方の良さを取り入れたいという欲張り派にもお奨めです。

 

 

外構工事会社と入念な話し合いを

オープン外構とクローズド外構の“ハイブリッド外構”とも言えるのが、セミオープン外構です。上手く設計すれば“いいとこどり”になりますが、一歩間違えると“どっちつかず”の中途半端な外構で終わる危険性もあります。

設計に当たっては外構工事会社に任せっきりにせず、セミオープン外構の長所・短所を把握したうえで、しっかり話し合う事がポイントです。

  • \最大5万円分のキャッシュバック/
  • エクステリア・外構工事の見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの3つ!
自信を持って紹介できる優良
工事店最大6社がお見積りします!

初めての工事で不安な方、工事の価格が適正なのか心配な方、工事業者選びに困っている方はエクステリアコネクトにお任せください。