新築住居の外構工事は

外構をリフォームする際に抑えるべきポイント

外構をリフォームする際に抑えるべきポイント

新築工事の時だけでなく、完成後もリフォームで外構の工事を行う人も増えてきています。

しかし、リフォームをするタイミングや予算内でできることなど、なかなかピンと来ない事も多く難しいものです。

ここでは外構リフォームの際に気をつけたほうが良いポイントを紹介していきます。

費用価格相場

費用価格相場

住宅完成後のリフォームによる外構工事は、大規模で行うことは少なく部分部分で分けて新調するケースが多いです。

新規設備の設置作業のみ、例えばカーポートや門扉の設置だと数十万程度で済み、フェンスや塀を撤去した上での設置など住宅の構造に直接変更を加える工事だと100万円近くかかる事もあります。

新築の場合だと前工事費の10%〜15%程を外構工事にまわすとバランスが良いですが、リフォームはそれに比べると安価で行われるのが一般的です。

工事時期・期間

工事時期・期間

では、どのような時期、もしくはきっかけでリフォームを行うべきなのでしょうか。その判断の目安を少しご紹介します。

住宅と生活のスタイルが合わなくなってきた

住宅と生活のスタイルが合わなくなってきた

予定に無かった車の購入により駐車スペースが欲しくなったり、近くに新しく住宅が建ち目隠し等が必要になったケースです。

我慢せず、リフォームにより外構のスタイルを変えましょう。

家族・同居人等が増え家の増改築が必要になった

家族・同居人等が増え家の増改築が必要になった

このケースも良くあります。最近では二世帯住宅や三世帯住宅にリフォームする方も増え、それに伴い外構もリフォームが必要になります。

なるべくこれらは同時進行でプランニングするのが望ましいでしょう。

長く使った影響で汚れや傷みが目立つようになった

長く使った影響で汚れや傷みが目立つようになった

一番多いパターンかも知れません。特に外構は屋外にあるものなので、金属の部品が錆びたり木材が傷んだりするのは珍しくありません。外構の汚れや傷みが目立つと家全体もみすぼらしく見えてしまうため、できればリフォームしましょう。

最後にオススメ!

最後にオススメ!

業者に見積もりを頼み、見積書が届くのには1週間程度かかります。繁忙期ですともう少しかかってしまうこともありますので、時間に余裕を持って行動しましょう。

また、優良業者かどうか見極める為にも複数のリフォーム業者から相見積もりを取ると良いでしょう。同じ工事内容でも業者によって値段が違っていたりしますので、なるべく費用を抑えたい場合は特におすすめします。

近隣の方々へのご挨拶は必ずしましょう!

近隣の方々へのご挨拶は必ずしましょう!

たとえ短期間で終わるリフォームだとしても、重機が入ったりホコリが出たりとご近所には何かとご迷惑がかかってしまいます。特に外構だと屋外での作業が中心なため、騒音も気になるでしょう。

今後も長く付き合うことになるご近所とはなるべくトラブルを起こしたくないものです。外構リフォームの際は事前にご挨拶を済ませておきましょう。

ご挨拶するご近所は向こう両隣三軒、裏側三軒が一般的です。着工の1週間前までには済ませておくのが望ましく、特に長期間となるリフォームの場合は手みやげや工事予定表等を持っていくとより良いでしょう。

リフォーム外構工事についてのまとめ

外構をリフォームする際に大切なポイントを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

・生活に不具合が生じたり、汚れが目立ち始めたらリフォームを
・工事費用は数十万円〜100万円程度
・着工1週間前にはご近所にご挨拶

十分に考えた上で新築の工事をしたとしても、その後何が起こるかは分かりません。必要を感じたならば外構をリフォームし、より豊かな生活をお送りください。

  • \最大5万円分のキャッシュバック/
  • エクステリア・外構工事の見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの3つ!
自信を持って紹介できる優良
工事店最大6社がお見積りします!

初めての工事で不安な方、工事の価格が適正なのか心配な方、工事業者選びに困っている方はエクステリアコネクトにお任せください。