犯罪を未然に防ぐ外構

犯罪を未然に防ぐ外構

ご自身の家を守る為にも不審者が入りにくく、発見しやすい外構工事が理想的です。その為には塀が高く、人目が届きにくい家は、不審者にとっては「一旦侵入したら発見されにくい家」のため、かえって危険。むしろ外から丸見えになっている家の方が不審者には入りづらいと言われます。このように不審者が嫌う「人目」「光」「音」を意識した外構にする事で、効果的な防犯対策が可能になります。そのポイントをまとめてみました。

不審者が入りにくい門とフェンス

不審者が入りにくい門とフェンス
出典:http://www.lixil-reform.net/

敷地と外部を隔てているのは門とフェンスです。防犯対策の高い門やフェンスを設置するだけで不審者は「この家は用心しているな」と警戒し、侵入を諦める効果が期待できます。狙われにくい家にするための門やフェンスの一例をご紹介します。

電気錠付き門扉

電気錠付き門扉
出典:http://takumiken.co.jp/

門を閉めれば自動的に施錠される門扉。施錠を忘れることがない上、不審者に防犯意識の高さを示すことができる事から、狙われにくくなります。またピッキングがしにくいシリンダー錠付きの門扉に交換するだけでも、防犯意識の高さを感じさせる効果があります。

カメラ付きインターホン

カメラ付きインターホン
出典:http://kyushu.hituji.jp/

留守かどうかを確認するために堂々とインターホンを鳴らす不審者がいます。応答がなければ留守だと判断するわけです。カメラ付きインターホンなら不審者の顔が映ってしまうため、不審者を諦めさせる効果があります。最近のものは画像が鮮明で、映る範囲が広く、録画機能も付いているなど、より防犯性能が上がっています。

最新のものと交換すればより抑止効果が高まります。性能にもよりますが1万円~5万円ぐらいで設置できます。

見通しの良いフェンス

見通しの良いフェンス
出典:http://stalefisher.jugem.jp/

不審者は人目を大変気にします。従って外から丸見えになるフェンスの方が不審者にとっては狙いにくい家になります。一旦侵入してしまえば、外から見えなくなってしまうような塀や生垣で囲われた家は、見通しの良いフェンスに交換した方が良いでしょう。

侵入されても不審者を発見できる庭と玄関

侵入されても不審者を発見できる庭と玄関
出典:http://www.exalive.co.jp/

不審者が門やフェンスを突破しても、住居内に侵入する前に発見できれば犯罪を未然に防ぐことができます。第二の防衛線として庭と住宅まわりに防犯対策を施しておくことが大切です。

センサーライト

センサーライト
出典:http://blog.livedoor.jp/

人が近づくと自動で点灯する人感センサー付きのライトを庭や勝手口などに設置しておくと有効です。不審者が侵入した事をいち早く察知でき、留守の場合でも不審者を威嚇して諦めさせる効果が期待できます。1台数千円で手に入るため、複数設置しておくと安心です。

防犯砂利

防犯砂利
出典:http://www.niwakobo.jp/

歩くとジャリジャリという大きな音が出る砂利が市販されています。これを家の周りに敷き詰めておくと、不審者は歩くたびに大きな音が出るため諦めて退散します。軽いため女性や高齢者でも自分で撒く事ができます。

庭に死角を作らない

庭に死角を作らない
出典:http://blog.livedoor.jp/

人目を気にする不審者は、暗がりや死角が大好きです。庭に死角になる場所があったら、ガーデンライトやセンサーライトを設置します。また、茂みがある場合は適度に剪定するか、伐採してしまう事も有効です。

見通しの良いベランダ・バルコニー

見通しの良いベランダ・バルコニー
出典:http://blog.livedoor.jp/

ベランダやバルコニーは壁で囲まれている場合が多く、不審者にとっては格好の死角になります。ここに身を隠し、窓を破る作業を行うわけです。実際、1階のリビングに家族が居たのにも関わらず、2階のベランダから侵入されたという被害が頻発しています。屈んでしまえば外から見えなくなってしまうベランダやバルコニーは、見通しの良いものに交換した方が安心です。

簡単に侵入できない車庫

簡単に侵入できない車庫
出典:http://azumazouendoboku.com/

車庫やカーポートからの侵入を防ぐには、電動オーバードアの設置が有効です。跳ね上げ式の車庫用門扉で、閉じてしまえば外部からの侵入をシャットアウトします。電動式なら高齢者にも簡単に操作できます。費用は車庫のサイズにもよりますが、10万円~50万円程度で設置可能です。

外構に現れる防犯意識

犯罪に巻き込まれないようにするには、犯罪者が侵入を諦めるようにすることが一番です。つまり「この家は防犯意識が高いな。侵入しても二重、三重の対策が取られていそうだ」そう感じさせることで抑止効果を高めることが有効です。

家の周りから犯罪者が好む死角を無くし、さらに防犯砂利や防犯カメラなどを設置しておくなど、いくつもの防犯対策が取られている事を犯罪者にアピールすることが、犯罪を諦めさせることにつながります。

  • \最大5万円分のキャッシュバック/
  • エクステリア・外構工事の見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの3つ!
自信を持って紹介できる優良
工事店最大6社がお見積りします!

初めての工事で不安な方、工事の価格が適正なのか心配な方、工事業者選びに困っている方はエクステリアコネクトにお任せください。