新築住居の外構工事は

新築の外構工事をする際に抑えるべきポイント

新築の外構工事をする際に抑えるべきポイント

外構とは、家の外回り全般のことを指します。新築の工事の際、インテリアにはこだわるが外構はおろそかにしてしまう、という方が多いのではないでしょうか。

居住スペースは完成したが外構は後回しにしてしまったため手つかず…なんてことにならないようにしたいですね。

ここでは、新築の外構工事に関するポイントを紹介していきます。是非参考にしてみてください。

費用価格相場

費用価格相場

一般的に、新築の全工事費用の10%程度を外構工事に回すとバランスがとれた住宅になる、といわれています。
他にも、工事する敷地面積1平米あたり1万円が適正価格だ、という目安もあります。

例えば、建設費用が2000万円程度の住宅の場合、200万円程を使うとある程度エクステリア商品なども使用した外構にすることができます。

全費用の5%、この場合ですと100万円程度でも外構工事は可能ですが、比較的シンプルな仕上がりとなりカーポートやウッドデッキなどを設置する事は難しいでしょう。

新築工事の失敗例から見る注意点

新築工事の失敗例から見る注意点

住宅の工事は想像だけではなかなかピンと来ない事も多く、どういったことを注意すればよいか分かりにくいです。

そこで、実際にあった失敗例を見ていきましょう。

CASE.1

外構工事のノウハウが分からず、低予算で施工してしまった為満足いく外構にすることができなかった。

CASE.1

一度完成してしまうと追加で工事することが難しいものも多く、追加予算の工面も簡単にという訳にはいきません。なるべく早い段階で予算等を検討すべきでしょう。

CASE.2

ハウスメーカーに言われるがまま外構工事をお任せしたら、思った以上の金額になってしまった。

CASE.2

ハウスメーカーに外構工事を頼むと、外構業者との中間マージン等の関係で費用がかさんでしまいます。ハウスメーカーの保証がつくという利点はありますが、値段の面では直接外構工事に頼んだ方が圧倒的に安く済ませる事ができるでしょう。

CASE.3

駐車場のサイズが工事途中に変更され、思っていたようなものにならなかった。

CASE.3

工事施工がしっかりした業者を選ばないと、図面通りの施工をしてくれずこちらの意見が反映されないという事態にもなりかねません。デザインだけ、あるいは安さだけで決めず、複数の業者の見積もりを取った上で比較することをおすすめします。

新築外構工事の考え方

新築外構工事の考え方

新しい住宅をプランニングする上で、大切になってくるのは使いやすさと景観です。何十年も継続して使っていくものですので、これらをおざなりにするわけにはいきません。
では、外構工事においてこれらを気をつけるにはどうすればよいでしょうか。

使いやすさに関してですが、アプローチ・駐車スペース・庭・サービスヤードなどの各ゾーン同士をつなぐ動線をチェックしましょう。ゾーンの境界で動線を滑らかにつなげたり、逆に一度視線を遮るなどの工夫をすることでぐっと使いやすさがアップします。

景観を良くするポイントはアプローチ・駐車スペース・玄関です。これらは外部からよく見える、いわば住宅の雰囲気を左右する要素です。特に道路側は町並みの景観も意識しなければならず、デザインを考える必要があります。

大きさなどに多少余裕をもったプランニングをし、後からデザインの工夫がしやすいようにするのも一つの手です。

新築の外構工事についてのまとめ

これまで新築の外構工事の際に大切なポイントを紹介してきました。まとめると、

・外構にこだわるならプランニングは早めに!
・予算は全費用の1割程度が妥当
・業者選びは慎重に。数社比較するのがよい
・ハウスメーカーを通さず直接外構業者に頼む方が安くすむ


といった事を抑えておきましょう。

ほとんどの人にとって一生に一度の買い物である新築の工事、絶対に失敗はしたくありません。相見積もりはできれば3社以上から取り、こちらの意見をきちんと反映してくれる業者を選びましょう。

  • \最大5万円分のキャッシュバック/
  • エクステリア・外構工事の見積り依頼はこちらから!
記入項目はたったの3つ!
自信を持って紹介できる優良
工事店最大6社がお見積りします!

初めての工事で不安な方、工事の価格が適正なのか心配な方、工事業者選びに困っている方はエクステリアコネクトにお任せください。